もろつかナビ 宮崎県諸塚村観光協会公式サイト

風の便り

  • 【交通情報】通行止め・時間規制のお知らせ…
  • 【お知らせ】池の窪グリーンパークの宿泊営業再開につきまして…
  • 【お知らせ】どんこ亭営業再開につきまして…
  • 【お知らせ】村内各ダムと登山口への道路状況について…
  • 【お知らせ】村内の営業状況…
  • 【お知らせ】池の窪グリーンパークのコインシャワー利用について…

諸塚村ってこんな村

台風一過の19日朝から3日。
諸塚村観光協会の事務局があるしいたけの館21は九電さんに迅速に対応いただき、
なんとか電気が復旧し事務作業を再開することができました。

今回の台風は、来る前から村内がぴりぴりしていました。
規模やルートが大きな被害を受けた17年前の台風14号と酷似していたからです。
宿泊施設の戸締りは大丈夫か。自宅の雨戸は閉めたか。
飛ぶものを外においていないか。水と食料は確保したか。
雨が続いていた17日夜から早めに避難をしていた高齢者もおられました。

台風に慣れている南九州の人達でさえ、
風も雨も過去体験したことがないほどの強さでした。
停電もこんなに長くかかると思っていませんでした。

村内は現段階ではまだ半分近くが停電中。
普段から自分たちで水源の手入れをしているためか、
水は確保できているところも多いようです。
発電機があるお家も冷蔵庫や携帯はなんとか動かしていたよう。

道路状況については、絶望的な知らせがどんどん舞い込んできました。
復旧のめどが経たない、あの道はしばらく通れないのでは、ここは飛んでしまっている
孤立している、山が崩れて家や道に流れてきた、浸水・冠水してしまった
あまりにも悲しい話が多い中、人的被害はほとんど聞こえてこないことが希望でした。

日が進むにつれ、道が通り物資が通り人が通り始めます。
道を埋めてもらって出てこれたよ!迂回してなんとかたどり着いた!
状況が分からなかった人たちと、
ひとりまたひとりと顔を合わせることができました。
そのたびに家の状況や周囲の様子を交換し合い、
何はともあれ元気で良かった良かったと笑いあい、
これからだねと元気づけあえるようになりました。

ですが、完全な日常はまだまだ先です。
土砂に埋まったお家も、寸断された道も、山が崩れた箇所もまだまだあります。
村の人、村の外から来てくれている人、とてもたくさんの人が復旧作業に当たっています。
被災はしましたが元気です。
早くみなさんが遊びに来られる諸塚村に戻れるよう、頑張りますね。
それまで、応援いただけたらとても嬉しいです。
これからも諸塚村をどうぞよろしくお願いいたします。

2022.9/22 11:50


宮崎県諸塚村は九州中央山地のほぼ真ん中に位置し、村の面積の9割が山林という土地柄です。
平地はほとんどなく、山の斜面にぽつぽつと84の集落が点在します。
諸塚村は、林業立村をスローガンに、山を守り、森林を創り、自然と共生しつつ、森の恵みを受けながらむらづくりを勧めてきました。
ここは「自分のことだけでなくお互いのことを、現在のことだけでなく子や孫の代のこと」を考えながら「森に生きる村」です。