モロツカウワミズサクラ

2012年、バラ科ウワミズザクラ属のウワミズザクラの新種として諸塚村で見つかったのがこの「モロツカウワミズサクラ」です。
発見したのは、宮崎市の植物愛好家、中武英則さん。諸塚村で草木の写真を撮っていた時に、従来のウワミズサクラとは違う点に気が付いたそう。葉のまわりの「きょ歯」と呼ばれる小さなギザギザの部分がとがっていないほか、蜜を出す「蜜腺」と呼ばれる部分の位置が異なっています。

サクラより開花が遅く、5月の中旬になります。