諸塚でやま学校しよう!【第184回】日本ミツバチのみつろうで♪やさしいグッズ作り

今回の主役は、日本ミツバチ!

諸塚村では、趣味として行われている養蜂。
道の脇や森の中にいろいろと工夫をしながら巣箱を置いて、ハチが住んでくれるのを待ちます。
自然の中を飛び交うハチが住みついてくれたらラッキーですが、これがなかなか難しいのだそう。
そのハチというのが日本ミツバチ。今や稀少となった在来種です。
春から秋にかけて森をあちこちと飛び回り集めた蜜を、冬を越せるよう巣ごと半分だけいただくのが諸塚村の養蜂。

今回は、その蜜を採り終った巣からみつろうを取りだすところから体験!
さらに、みつろうを使ったリップクリームやボディクリームも作ります。
自然素材で出来た、体に優しい仕上がりです。
みつろう×布で、エコラップ作りも体験します。
手で温めて形を変えられ、冷えれば固まるみつろうならではのエコラップで、環境にも優しい。

 

出来上がりは、お土産としてお持ち帰りいただけます。

お昼は、どんこ亭ご自慢のめんぱ弁当♪

 

 

開催日時 1月16日(日) 10:00~15:00
集合場所 しいたけの館21
体験会場 しいたけの館21
最少催行人数 5名(最大10名)
料金 4,000円/1セット  1,000円/付き添い・体験のみ

※村民は500円引き

体験料・材料代・講師料・昼食代・消費税込
申し込み受付 開催日の1週間前まで

 

添乗員もしくは現地ガイドが同行します

 

>>お申し込みはこちら!